FXと株式投資の違いと初心者にやさしいFX会社

スポンサーリンク


logo_fx




ネット通販は企業が企画・製造した商品の売買ですが、ネット上では様々なモノが取引されます。そのひとつが世界中の通貨です。ドルやポンドや円などの通貨間の取引もオンライン上で行われています。そういった通貨売買で生じた損益が発生する取引を「FX(外国為替証拠金取引/margin Foreign eXchange trading)」と呼びます。

本日(2016年2月4日)時点の円相場は約120円です。「1ドル=120円」なので、12万円分の米ドルに両替すると1000ドルになります。その後1ヶ月経って、円相場が「1ドル=130円」になっていたとすると、持っている1000ドルが13万円の価値になります。つまり「13万円ー12万円=1万円」の利益が発生します。このように外国間の通貨を自分で売買することで、利益を生み出すことができるのがFXです。

上記の例は手持ち12万円の場合ですが、FXの特徴のひとつとして、手持ちが12万円しかない場合でも、最大25倍分の取引が可能になります。つまり12万円なら最大300万円分の取引ができます。これを「レバレッジ」とよびます。その分ハイリターンになるわけですが、ハイリスクになることも予め理解が必要です。

FXと株式投資の大きな違いは取引コストです。FXの場合、100万円分の取引をすると30〜100円程度ですが、株式投資の場合、500円以上はかかります。「リアル証券」よりもコストが安い「ネット証券」よりもさらにコストが安いのがFXです。またFXは数千円程度という少額から取引できるので、株式投資よりも気軽に始めることができます。

ここでは代表的なFX会社をいくつか紹介します。

スポンサーリンク





代表的なFX会社

●DMMFX(DMM.com証券)
ローラが出演しているCMで有名なDMMFX(DMM.com証券)です。なじみのあるネーミングだけに、初めて取引する初心者が多いのが特徴です。その結果が「国内のFX口座数ナンバーワン」という数字で表れています。DMMグループはエンタメコンテンツや英会話など幅広く事業を展開していますが、FXの分野が一番力入れているのではないでしょうか。DMMFXでは口座開設などでキャッシュバックを受けられるキャンペーンもやっています。最短で翌日から取引可能です。
DMMFX(DMM.com証券)の公式サイトはこちら

●マネーパートナーズ
最大の特徴は、FX初心者向けに「nano」というサービスがあり、わずか100円から取引できるという点です。これなら試しにやってみようかなと思う方も多いのではないでしょうか?業界最狭水準のスプレッドも大きな魅了です。マネーパートナーズも口座開設などでキャッシュバックを受けられるキャンペーンもやっています。
マネーパートナーズの公式サイトはこちら

●外為オンライン
DMMFXやマネパと同じく認知度の高いFX会社です。ドル/円のスプレッド1銭固定は業界最高水準でしょう。かんたん操作の自動注文機能を導入していて、初心者にも使いやすいのが嬉しいポイントです。継続的に5000円キャッシュバックキャンペーンもやっています。
外為オンラインの公式サイトはこちら

 

スポンサーリンク
おすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ