中国軍艦の最新ネットニュースと動画配信

6月15日の午前中、中国海軍の艦艇(軍艦)が日本領域を侵入しました。防衛省によると、場所は鹿児島県の口永良部島周辺の領海ということです。

日本政府は警戒を強め、様々なソースからの情報を集めています。そして中国側の意図・考えを早急に解明していく方針です。

詳しい時間は日本時間で、6月15日午前3時30分ごろということです。

【6月15日】
●午前3時30分ごろ 中国海軍のドンディアオ級情報収集艦1隻が侵入
 ↓
●午前5時ごろ 鹿児島県の屋久島(鹿児島県)南方から領海を出る

スポンサーリンク





ちなみに6月9日にも中国軍艦が9日に沖縄県の尖閣諸島周辺の接続水域内に初めて進入しました。これを受けて12日の夜、在北京日本大使館の伊藤康一次席公使は「重大な懸念」を示し、厳重に抗議しました。

中国軍艦の最新ネットニュースは、ヤフーニュース動画配信を活用するといいでしょう。ニュースも観れる動画配信サービスもあるので紹介します。

 

現在主流のネット動画配信サービス

●Hulu
動画配信サービスの先駆けであり、老舗とも言える存在でしょう。アメリカ発だけに海外コンテンツが多いですが、日本でも認知度を着実に拡大して安定感のあるサービスです。2週間の無料お試しもあります。
○料金 :月額933円
○作品数:10000本以上
Huluの公式サイトはこちら

●AbemaTV
AbemaTVはサイバーエージェントとテレビ朝日が共同で作ったインターネットテレビ局です。オリジナルの生放送コンテンツが話題を呼んでいます。広告収入による無料放送が最大の特徴です。
○料金 :無料 ※オンデマンドはプレミアムプラン(月額960円)
○チャンネル数:20チャンネル以上
AbemaTVの公式サイトはこちら

●Netflix
全世界では6000万人以上の会員数を誇る大手で、2015年日本に上陸してはフジテレビ番組「テラスハウス」とコラボして多くの広告・プロモーション露出を図っています。海外ドラマに強く、オリジナルコンテンツに定評もあります。
○料金 :ベーシック月額650円
     スタンダード月額950円
プレミアム月額1450円
○作品数:非公開
Netflixの公式サイトはこちら

スポンサーリンク





●U-NEXT
USENから分離独立したサービスだけに国内コンテンツやアニメに強いです。ポイントで新作を視聴できるサービスもあります。1ヶ月間の無料お試しもあります。
○料金 :月額1990円
○作品数:100000本以上
U-NEXTの公式サイトはこちら

●dTV
NTTドコモが運営しています。「進撃の巨人」のヒットで躍進した感じがあります。ドコモユーザー以外でも契約可能です。1ヶ月間の無料お試しもあります。
○料金 :月額500円
○作品数:120000本以上
dTVの公式サイトはこちら

●GEO(ゲオ)
ゲオはリーズナブルな月額590円(税抜)の月額観放題コースに加えて、利用登録さえすれば、新作映画などお好きな作品を1本から個別購入することも可能です。1ヶ月間の無料お試しもあります。
○料金 :月額590円
○作品数:80000本以上
GEO(ゲオ)の公式サイトはこちら





 

ネット通販のよくあるQ&A

以下、ネット通販においてよくある質問を抜粋してみました。

ネット通販は安全なのか?
ネット通販の送料ってどのくらい?
ネット通販の返品・交換はどこまで可能なのか?
ネット通販のクレジット決済は大丈夫?
ネット通販でお得なクレジットカードとは?

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ