暗号通貨(仮想通貨)の基本知識とノアコインについて

スポンサーリンク

 
日本とフィリピンを繋ぐ大型プロジェクトのコンセプト暗号通貨になっているノアコインフィリピンの社会問題を解決するために生まれたこのノアコインは、ビットコインの市場価値を凌ぐほどのポテンシャルを秘めています。


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-11-14-59-06
夢の暗号通貨シティ(ノアシティ)

弊社はノアコインの正式販売代理店なので、以下のリンクから購入可能です。

ノアコインを購入する方はこちら
(購入方法についての分かりやすい動画はこちら

ノアプロジェクトについてはこちらの動画をご覧ください。↓↓



 

ノアコインの市場公開はフィリピンの2017年独立記念日である6月12日です。フィリピン政府ナショナルバンクフィリピン航空などが一丸となったこのノアプロジェクトにはいち早く乗り出すことをオススメしております。

ノアプロジェクトについて詳しく知りたい方はこちらをご参考ください。

 

はじめに

最近「仮想通貨」「ビットコイン」「イーサリアム」といった言葉をよく耳にするようになりました。「仮想通貨」と聞くと一見怪しそうなイメージが先行してしまいますが果たしてそうでしょうか?

「仮想通貨」という呼び方は日本独自のものであって、世界では「暗号通貨」と呼ばれています。「暗号通貨」は我々日本人が知らない間に、ここ数年で爆発的に普及してきています。

ここでは「暗号通貨」(日本では一般的に”仮想通貨”)の基本知識から、貨幣経済に革命をもたらすポテンシャルを大いに持っている「暗号通貨」の未来について解説したいと思います。

 

暗号通貨(仮想通貨)とは?

日本では世界中で利用されている「暗号通貨」のことを「仮想通貨」と呼んでいます。これはメディアによる報道が「仮想通貨」という言葉を使ったり、出版されている本が「仮想通貨」と書いたりしていることが大きな理由といえます。

「仮想通貨」というと思いつくのが、Suica楽天edyなどの電子マネーかもしれませんが、そうではありません。

また過去に事件となった「円天」のようなサービスでもありません。(「円天」も電子マネーの一種で、L&Gという健康食品の会社が発行していました。)

電子マネーはあくまでも企業が発行するポイントです。ですので、楽天が発行する楽天ポイントや全日空(ANA)が発行するマイレージと同じなのですが、「仮想通貨」ドルユーロといった貨幣と同じ性格を持っています。

そして「仮想通貨」はコインや紙幣といった“モノ”ではなく、メールのように世界中、個人間で自由に送受信できる“形のないお金”であり、インターネット上に流通するお金なのです。

また「仮想通貨」は企業や国のような中央集権的な存在がありません。ですので、国などによって価値をコントロールされることはないのです。

ここからは「仮想通貨」という呼び方ではなく、世界共通の言語である「暗号通貨」に統一して解説したいと思います。

スポンサーリンク





暗号通貨の基本知識

暗号通貨は世界中で流通しているドルユーロといった法定通貨と同じ性格を持っています。

暗号通貨で一番有名なのが“ビットコイン”です。“ビットコイン”は2009年1月に誕生して以来、爆発的に普及してきました。2016年12月現在、ビットコインの時価総額は1兆円を超えています。
(ビットコインの買い方はこちらの記事をご参考ください)

では何故ここまで“ビットコイン”は爆発的に普及してきたのでしょうか?それは単純に人々にとって便利であり、必要とされてきたからです

暗号通貨の大きな特徴として、

送金時間がかからない
送金コストがかからない
スマホがあれば24時間365日どこでも利用できる

があります。
この3点について詳しく説明していきます。

 

送金時間がかからない
暗号通貨はインターネット上で取引できるので、メールのような感覚で簡単に送受信できます。また世界中どこにいてもネットがつながる環境であれば取引できますし、国をまたいだ取引でも送金時間はかかりません。

日本では古くから銀行網が発達しているので、国内送金については不便を感じることがありませんが、海外送金するとなると数日かかってしまいます。アメリカでは西海岸と東海岸が離れているので、アメリカ国内送金だけでも数日かかるのが現状なのです。

 

送金コストがかからない
銀行を経由した国内送金の場合、手数料100円〜数百円程度かかります。あまり馴染みがないかもしれませんが、これが国内ではなく海外送金になると手数料数千円かかってしまうのです。

しかしビットコインのような暗号通貨であれば、国内・海外に関係なく送金コストはほとんどゼロです。

例えば、フィリピン人が物価の高い日本へ出稼ぎに来ていて、日本で稼いだお金を親元のいるフィリピンまで海外送金する場合を考えてみましょう。銀行を使った海外送金だと、親元に着金されるまで3〜4日かかるどころか、手数料5000円もかかってしまいます。

しかし暗号通貨を利用して海外送金すれば、お金を待っている両親へ、メールのように早く、コストもほぼゼロで送金できるわけです。

 

スマホがあれば24時間365日どこでも利用できる
暗号通貨はスマホ(もちろんパソコンでも)があり、インターネットが繋がる環境があれば、誰でも24時間365日どこでも取引することができます。要するに銀行口座を持つことなく、個人から個人へとメールのようにお金を送受信できます。

日本では国民のほとんどが銀行口座を持っていますが、例えば発展途上国などでは貧富の差が激しく、銀行口座すら持つことができない人の割合が多いのが事実です。

そして、銀行口座は持てなくてもスマホは持っているという人々も多く、そのような国に住む貧しい人々にとって暗号通貨での金銭取引は非常に魅力的なのです。

このように暗号通貨はグローバルな取引が一般的になってきた現代のインターネット社会において、非常に便利であり、人々にとって必要とされてきたからこそ、ここまで爆発的に普及してきました。

 

ビットコインで億万長者になった人達

暗号通貨市場の約9割を占めるビットコインは、誕生した2009年の時点では1ビットコイン=0.08セントでした。分かりやすく1ドル=100円で換算すると、1ビットコイン=約0.1円でした。

それが今日(2017年1月11日時点)で1ビットコイン=約108,000円になっています。その価値は約108万倍になっているんですね。驚異的な数字だと思いませんか?

 

【ビットコインの価値推移】
●ビットコイン誕生時 1ビットコイン=約0.1円
 ↓
●2017年1月11日時点 1ビットコイン=約108,000円

 

例えばビットコイン誕生時に1万ビットコインを所有していたとすると、持っているだけで何もしないで、今日時点で10億8000万円になっているということです。

これは全く嘘ではなく、実際に昔ビットコインを所有しただけの人が億万長者になっている例は沢山あるのです。そういった人たちはビットコイン長者と言われています。

このように可能性のある暗号通貨を誕生時に購入しておくことで、近い未来にあなたも億万長者になれるのです。

 

ビットコインを上回る暗号通貨『ノアコイン』の誕生

沢山の億万長者を世の中に生み出したビットコインを上回るポテンシャルを持つ暗号通貨『ノアコイン』がついに誕生します。そして2016年1月11日に第1期プレセールが開始されました。


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-11-14-59-06
夢の暗号通貨シティ(ノアシティ)

 
プレセールは第4期まで続きますが、期をまたぐにつれてノアコインの価値が上がっていくのと、ノアコインに対する世の中の注目度が高いので、早々に完売になってしまう可能性があるため、興味がある方はお早めのノアコイン購入をオススメします。

弊社はノアコインの正式販売代理店なので、以下のリンクから購入可能です。

ノアコインを購入する方はこちら
(購入方法についての分かりやすい動画はこちら

 

なぜ『ノアコイン』の価値は上がるのか?

ではなぜ『ノアコイン』の価値は上がるのでしょうか?

まず前提として、価値が上がる暗号通貨は「何かしら理由があって人々に必要とされ、多くの人々が所有する」必要があります。「暗号通貨が欲しい!持ちたい!」という需要が大きくなればなるほど、その価値は上がります。

ビットコインの例で言うと、「海外送金が簡単」「送金コストがかからない」「手軽に個人間で金銭取引できる」「節税に利用できる」などがあります。

今後新たに生まれる暗号通貨は、「ビットコインではなく、その新しい暗号通貨でないといけない理由」が必要です。さもなければ、ビットコインで充分事が足りるからですね。

 

今回登場する『ノアコイン』は一言で言うと、フィリピンの経済発展を支援するために誕生します。

フィリピンは近年、急成長を遂げており、平均年齢23歳(日本は45歳)という若さゆえ、今後30年バブルが続く国と言われています。世界中の投資家が鼻息荒く注目しているのがフィリピンなのです。

さらにフィリピンはアジア圏で唯一英語が話せる国なので、欧米の大企業がコールセンターなどの業務をフィリピンにアウトソーシングしたり、多くのフィリピン人が海外に出て外貨を稼いでいます。

しかしながら、海外労働しているフィリピン人が、汗水流して稼いだお金を自国や家族へ海外送金する場合を考えてみるとどうでしょう。

銀行経由で送金すると数千円も取られてしまいます。フィリピン人の平均月収は4万6千円なので、数千円がどれだけ大切かは分かるのではないでしょうか。

フィリピン人の年間出稼ぎ労働者が稼ぐ金額は3兆円にのぼります。(国のデータのみの数字なので、実際にはもっとあります。)ビットコインの時価総額は1兆円なので、その金額を大きく上回ることが分かります。

3兆円のうち銀行手数料などで引かれてしまうお金(=フィリピン人が稼いだお金なのに海外に取られてしまうお金)が、なんと年間3500億円にものぼり、これがフィリピンにとって大きな問題になっているのです。

 

そこで登場するのが『ノアコイン』です。

もし海外で働いているフィリピン人が自国へお金を送るとき、そのための暗号通貨のインフラが整ったら魅力的だと思いませんか?『ノアコイン』が誕生することになった最初の発想はここにあります。

そして『ノアコイン』はフィリピンの政治家、財閥、銀行、航空会社などの一流企業が一丸となって、広告プロモーションやインフラ設備を構築していきます。これは予定ではなく決定事項です。

2017年から2020年頃にかけて、フィリピン航空が所有している40ヘクタールの土地を開発し、世界初の暗号通貨シティ『ノアシティ』が完成するのです。

『ノアシティ』はカジノをはじめとしたエンタテインメント施設大型ショッピングモール大型ホテルなどの建設が決定しています。

急成長を遂げているフィリピンといっても、まだまだ貧富の差が激しいのが実情です。フィリピン人は国民のほとんどがスマホを持っていますが、銀行口座を持っている人は約3割程度にとどまっています。

『ノアコイン』はフィリピンの社会問題を解決する初の暗号通貨であり、人々が便利なものとして必要とする暗号通貨になることでしょう。

私たちが『ノアコイン』を早い段階から保有することは、投機目的において近い未来、億万長者になれる可能性を多く秘めているだけでなく、フィリピンへの社会貢献にもつながる素晴らしい意味が備わっています。


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-11-14-59-06
夢の暗号通貨シティ(ノアシティ)

弊社はノアコインの正式販売代理店なので、以下のリンクから購入可能です。

ノアコインを購入する方はこちら
(購入方法についての分かりやすい動画はこちら

 

ネット通販のよくあるQ&A

以下、ネット通販においてよくある質問を抜粋してみました。

ネット通販は安全なのか?
ネット通販の送料ってどのくらい?
ネット通販の返品・交換はどこまで可能なのか?
ネット通販のクレジット決済は大丈夫?
ネット通販でお得なクレジットカードとは?

 

スポンサーリンク
おすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ