Amazonプライム・ビデオのメリット・デメリットのまとめ


amazonvideo

近年のエンタテインメント業界は大きな変革を遂げています。従来音楽はCDを買って自宅のコンポや車のカーオーディオ等で聴いていたのが、CDではなくデータを買ったり、無料動画サービスでPVを楽しんだりする時代になりました。また映画はレンタルビデオ店でDVDを借りに行く時代から、ネット上で映画データをレンタルできる時代になりました。

そして今、エンタメの楽しみ方は、その作品ごとの課金制サービスから月額定額制サービスへ移行しています。

映画・動画配信においては、「Amazonプライム・ビデオ」「Netflix」が大きな話題となり、「自分から映画を選ぶ時代(能動的)から、提供された膨大な作品の中から選ぶ時代(受動的)」になっています。もちろん個人の好みによるサービス選択の違いはあれど、月額1000円前後の定額制サービスが急速に拡大しています。

ここではAmazon(アマゾン)・プライムビデオのメリット・デメリット、よくある質問を紹介します。

スポンサーリンク





Amazon(アマゾン)・プライムビデオとは?

年会費3900円のプライム会員であれば日本やアメリカの映画やテレビ番組、アワードを受賞したAmazonオリジナル作品が見放題です。
○料金 :年額3900円
○作品数:2000本以上

 

Amazon(アマゾン)・プライムビデオのメリット・デメリット

●Amazonプライムビデオのメリット
Amazonプライムビデオは、Amazonが提供している有料会員サービスに加入すれば誰でも無料で見放題になります。その有料会員とは「プライム会員」というもので、年会費は3900円です。つまり月々325円で動画が見放題になるということになります。お得だと思いませんか?

さらに「プライム会員」は、「お急ぎ便・日時指定が無料」「タイムセールに30分早く参加できる」などのメリットがあります。アマゾンユーザーにとって配送期間が早まるのは大変嬉しいことですね。

●Amazonプライムビデオのデメリット
定額制動画サービスの全てに共通することですが、コンテンツに偏りがあるということがあります。映画やドラマといったコンテンツは著作権にシビアなので、それぞれのサービスがちゃんとコンテンツ所有者から著作権を購入しないと配信することはできません。

例えばAmazonプライムビデオでいうと、「そもそも作品数が少ない」といったことがあります。他の定額制動画サービスに比べると、かなり見劣りがあるのは否定できません。やはりアマゾンプライム会員の「おまけ」的なイメージですね。

スポンサーリンク





Amazonプライムビデオのよくある質問

●海外からプライム・ビデオを見れますか?
アマゾンの利用規約に書いてありまうが、日本国内のお客様のみ利用可能になっています。海外でどうしても見たい場合は、あらかじめパソコンやタブレットなどにダウンロードして持って行きましょう。

●アプリが開きません
急にアプリが使えなくなった場合は、端末を再起動するか、もしくはアプリを再インストールしましょう。

●ビデオを再生中「7017エラー」が発生しました
○インターネット接続用ルーターを再起動(ルーターの電源を一度切り、再度電源を入れる)
 ↓
○お使いのデバイス(パソコン、タブレット、スマホなど)を再起動
 ↓
○再度プライム・ビデオの再生

ネット通販のよくあるQ&A

以下、ネット通販においてよくある質問を抜粋してみました。

ネット通販は安全なのか?
ネット通販の送料ってどのくらい?
ネット通販の返品・交換はどこまで可能なのか?
ネット通販のクレジット決済は大丈夫?
ネット通販でお得なクレジットカードとは?

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ