ネット通販のお金の支払い方法は?

銀行振込(前払い/後払い)

現金を取引するうえでは最も一般的な方法といえます。ただし大半が前払いシステムになっており、こちらが振り込んで、店舗の方で入金確認されるまでは商品を発送してくれない、という時間的なデメリットもあります。また前払いの場合、稀なケースですが、入金したのに業者から連絡がない、というケースもありますのでご注意ください。信頼できる通販サイトでない限り、銀行口座の前払いは避けておいた方がよいでしょう。

 

クレジットカード払い

ネット通販での決済の中では一番楽な方法でしょう。クレジットカードを持っていれば、通販サイトで商品を選んだ後、クレジット決済を選んで、「カード番号」「有効期限」「氏名」を入力すれば購入することができます。ですので代金決済も早く、その分商品も早く届きます。多くの場合は1回払いになり、手数料もかかりません。このようにクレジットカードは良いことも多いですが、デメリットもあります。詳しくは、クレジットカード決済のメリット・デメリットをご覧ください。

 

代金引換

代金引換とは”代引き”とも言いますが、商品が自宅に届いた時に、配送業者に直接お金を払うシステムです。なんといっても一番のメリットは、確実に商品が届くという安心性です。代金と引き換えに購入した商品を受け取ることになりますから。

代引きを選択肢と用意している通販サイトがほとんどなので、初心者には向いている決済方法かもしれません。しかし運送業者への手数料が発生することが一般的です。また商品は確実に届きますが、商品の中身までは見れないので、信頼性の低い通販サイトだと少しながらリスクもあります。

少数派だと思いますが、女性の方の中には運送業者の人に自宅まで来てもらいたくない、と思う方もいらっしゃると思いますので、そういった方は他の決済方法を選ぶといいでしょう。

 

コンビニ支払い

コンビニ支払いとは、その名の通り商品代金をコンビニで支払う方法になります。大抵の場合、届いた商品と一緒にコンビニ振込み用の用紙が同封されているので、最寄りのコンビニで決済することができます。決済方法ではないですが、商品をコンビニで受け取るという「コンビニ受取り」というサービスも最近普及しつつあります。自宅まで来てほしくない方や、仕事などで忙しい方などには利便性が高いですね。

 

電子マネー

電子マネーというと最近では色々あってよく分からないと思う方もいらっしゃるのでは、と思います。代表的なのが、Edy、Suica、waon、nanacoなどですね。通販サイトによって電子マネーが使える所と使えない所で分かれてきます。さらに企業・サービスグループによって使える電子マネーも変わってきますので、日常でよく使う、ご自身にあった電子マネーの選択が重要になってくるでしょう。

 

ポイント支払い

通販サービスによってはポイント制を導入しているところもあります。例えば楽天市場だと楽天ポイントがあり、1ポイント=1円といった価値で取引ができます。ネット通販を頻繁に利用しているとポイントがたまって、商品購入の決済時に、そのポイントを代金に割り当てることができます。ポイントについては各通販サイトによってサービスか異なるので、このサイトで紹介している各通販サイトの記事をご参考ください。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ