Vプリカ活用のメリット・デメリットとは?

スポンサーリンク

Vプリカとは?

Vプリカという言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?LINEを乗っ取られた友人からのメッセージで「コンビニでVプリカ買ってきてもらえる?」のような内容が送られてきた方もいるかもしれませんね。そういった方には「Vプリカ」はあまり良い印象ではないかもしれません。

Vプリカとは簡単にいうと、「使い捨てのクレジットカード」です。クレジットカードを持っていなくてもVプリカを持っていれば、クレジットカードと同じように使えます。ネット上にカードが発行されて、クレジットカード番号が与えられます。なので実際のカードは発行されません。

Visaマークのあるオンライン加盟店で利用することができて、安心なセキュリティのもとオンライン決済することができます。さてそのような機能を持ったVプリカですが、「実際に使えるの?」と思っている方も多いと思うので、ここではネット通販で「Vプリカ」を利用するメリットとデメリットをまとめてみました。

 

Vプリカのメリット

ネット通販を利用するうえで、Vプリカで決済するメリットは以下の通りです。

審査なくすぐに購入・利用できる

日本に住んでいて18歳以上であれば、誰でも審査することなく発行できます。Vプリカはライフカードが発行しているVisaプリペイドカードなので、利用する方はライフカードの公式ページから登録しましょう。アカウントはメールアドレスのみで開設できます。

アカウント開設後、

・ニックネーム
・名前
・性別
・誕生日
・居住県
・電話番号
・パスワード
・秘密の質問

を記入・設定すれば、ログイン用のIDがメールで送られてきますのでログインしましょう。あとはここに購入したVプリカの「発行コード」を入力すれば完了です。クレジットカードのように「審査⇒カード発行⇒自宅郵送」といったプロセスがないので、時間を待たずに利用することができます。

Vプリカは最寄りのコンビニで買うことができますし、ネット上でクレジットカードやネットバンク経由で買うこともできます。500円から30,000円まで9種類のカードがあります。(2015年9月現在)

 

カード紛失のリスクがない

Vプリカはクレジットカードのようなプラスティック製のカードは発行されません。言うなればネット上に架空に存在します。Vプリカのマイアカウントにログインすると、マイページ上で確認することができます。ですので、財布に入れておく必要も無いので、「Vプリカをなくした!」という事はありえません。

 

不安なネットサイトや海外サイトで活躍

ネット通販をしていると、欲しいものがあっても運営サイトがちょっと怪しい・・、と思うこともありますよね。もしくは海外の通販サイトから買いたい時もあります。そんな時Vプリカを利用することで、クレジットカードを使うことなくショッピングできます。しかし色んなサイトを参考にしてみると、「思ったより使えなかった・・」といった声もありました。そもそも怪しいサイトはVisaのオンライン加盟店に承認されないのかもしれません。

 

代金引換(代引き)・銀行振込み手数料がかからない

VプリカはVisaのクレジットカードと同じ決済システムになるので、当然ながらネット通販したときの手数料はかかりません。代金引換(代引き)や銀行振込みの手数料分はお得になりますが、Vプリカ購入時に200円〜390円の手数料がかかるので、そんなにお得にならないかもしれません

 

お金の浪費を管理できる

Vプリカは一番お手軽なカードで500円、一番高額なカードでも30000円になります。使い切ると無くなってしまうので、クレジットカードみたいにどんぶり勘定になることはないでしょう。

 

Vプリカのデメリット

反対にVプリカのデメリットは以下の通りになります。

休眠カード維持費がかかる

Vプリカを3カ月以上利用しなかった場合、休眠カード維持費として、毎月25日にVプリカ残高から125円が引落しされてしまいます。放っておくとどんどん残高が減っていくので注意が必要です。

 

購入時に手数料がかかる

上記でも少し触れましたが、Vプリカ購入時に200円〜390円の手数料がかかります。

 

中途半端に残高が余る

例えば2000円のvプリカを買って1950円の買い物をした場合、50円が中途半端に余ってしまいます。もったいないですよね。次回のショッピングで他のカードと合算購入できますが、どうしても半端な金額はつきまとってしまいます。

 

有効期限がある

有効期限は、発行日より1年後の月末なので約1年です。クレジットカードに比べると大幅に短いですね。有効期限が過ぎると、カード番号は無効となり残高もゼロになります。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ