不動産売却の新常識とは?

スポンサーリンク

fudosansatei

今のネット時代では、今所有している戸建やマンション、土地が大体いくらで売れるのか?、1分程度の入力作業をするだけで無料で複数の不動産会社から見積もりを受け取ることができます。日本全国対応しているので、ローカルエリアでも問題ありません。

『そろそろマンションの売却を考えようとしている』
『親族が亡くなったので不動産の処分したい』
『仕事が転勤になったので所有マンションを賃貸or売却で悩んでいる』

など様々な理由があると思いますが、複数社に無料査定依頼できるサービスを知っていれば、今の不動産の相場が分かります。6社くらいまで無料比較できるので安心ですし、そこからさらに不動産会社を絞って、具体的に話を進めるのもいいでしょう。

流れとしては、下記でオススメしている「売却一括査定サービス」にて、

約1分無料査定
 不動産情報とご連絡先を入力するだけの簡単査定
 ↓
査定結果が届く
 所有不動産の売却が得意な会社から査定結果が届く
 ↓
結果を比較
 査定結果や担当者の対応を見比べて、信頼できる会社を選択

の3ステップとなります。
ぜひ参考にしてみてください。

 

賃貸・不動産売買はネットを使い倒そう

新生活の準備が始まるタイミングや人生の転機には引越しがあります。今ではインターネットの浸透によって、不動産・賃貸情報がネットで検索できる時代です。自分が住みたい「地域・エリア」「周辺環境」「間取り」「築年数」などをサイト上に入力して絞り込めば、自動で不動産物件があがってきます

ひと昔前であれば不動産探しというと、町の不動産を1軒1軒歩き回っていました。しかし今は自宅のパソコンやスマホで好きな時に不動産情報を検索できます。ネット通販業界と同じように、ネットを活用した賃貸・不動産売買も今後さらに伸長することでしょう。

ネットでおしゃれな洋服がみつかって、実際に店舗にいってその洋服を確認するように、不動産もまずはネットで検索して、自分の理想とする物件価格の相場を確認して、理想的な物件をいくつかみつけましょう。そしてその不動産物件を持って、不動産屋に足を運んでみるといいでしょう。こうすることで不動産担当も物件を探しやすく、時間の効率化にもなります。

また今ではネット上で問い合わせをして、不動産担当とメールや電話でやりとりすることも普通になっています。人気物件はすぐに埋まってしまう傾向にあるので、ネットと電話を上手く活用するといいでしょう。もしくは最初に店舗に行って自分の条件を伝えて、その後メールと電話でやりとりするという方法もありです。

最近では物件の内見もスマホやパソコンの画面を通じて行うサービスもありますし、ネットを通じて契約することによって、礼金などが安くなるサービスもあります。

あなたに合った方法で運命の不動産と巡り合いましょう。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ