クレジットカードの国際ブランド


brand




5つの国際ブランド

毎日多くの人が利用しているクレジットカードですが、国際ブランドの種類でいうと大きく5つが挙げられます。この5つの国際ブランドは、日本だけでなく全世界に加盟店が存在しています。海外旅行に行っても、この5ブランドのいずれかのクレジットカードを持っていれば困ることはありませんし、それはネット通販も然りです。

5つのブランドというのは、「VISA」「JCB」「アメリカン・エキスプレス(AMEX)」 「MasterCard」 「Diners Club(ダイナースクラブ)」になります。いずれも国際カードと呼ばれる大変メジャーなブランドですし、ネット通販の世界でも多く使われています。

クレジットカードの5大ブランド
○VISA
○JCB
○アメリカン・エキスプレス(AMEX)
○MasterCard
○Diners Club(ダイナースクラブ)

それぞれ特徴があるので紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク





VISA

世界で最も名実共にナンバーワンのブランドではないでしょうか。世界の加盟店数でいえばマスターカードと首位を争い、カード発行枚数はナンバーワンです。また世界のカード売上シェアでは60%を占めているので、世界ナンバーワンブランドと言ってもいいでしょう。
VISAの公式サイトはこちら

 

MasterCard

VISAと肩を並べる2大国際ブランドのひとつです。世界の加盟店数ではVISAとほぼ互角です。なので海外旅行によく行く方にはオススメのカードになりますし、海外サイトからネット通販をよく利用する方にもオススメです。特にヨーロッパ各国ではシェアが高いのも特徴のひとつです。
MasterCardの公式サイトはこちら

 

JCB

5つの国際ブランドの中で唯一の日本ブランドになります。なので日本国内では圧倒的な加盟店数を誇ります。国内でのお買い物や決済が多い方は一番オススメのブランドになります。しかし海外旅行に行くと、アジア周辺国では普及率が高いですが、ヨーロッパやアメリカになると物足りなさを感じてしまいます。しかしamexとDiners clubと加盟店業務を提携しているので、実際の所JCBカードも利用できる幅も広いです。
JCBの公式サイトはこちら

 

アメリカン・エキスプレス(amex)

通称「アメックス」と呼ばれていますね。イメージとしてはやはりお金持ち・富裕層を思い浮かべる方も多いと思います。旅行が好きな方やビジネスでよく出張される方にはオススメです。というのは、会員専用の空港ラウンジが利用できたり、旅行先の宿泊や食事のサービスも充実しているからです。日本ではあまり使えないイメージがありますが、JCBと提携しているのでJCBの決済システムが可能な店舗であれば利用できます
アメリカン・エキスプレス(amex)の公式サイトはこちら

 

Diners Club(ダイナースクラブ)

こちらも富裕層向けといったステータスの高いイメージをもつ国際ブランドです。入会審査が厳しいので、カード保有者は主に会社経営者など一部の人といった感じです。高級店などでの取り扱いが主なので、加盟店数はさほど多くはありません。しかし、JCBと提携しているのでJCBの決済システムが可能な店舗であれば利用できます
Diners Club(ダイナースクラブ)の公式サイトはこちら

 

ちなみにセゾンは日本の信販会社です。セゾンカードを選ぶ際に、どの国際ブランド(上記のブランド)にするかを選択することになります。セゾンカードの中にも「一般カード」「ゴールドカード」「プラチナカード」「ビジネスカード」があるので、自分に合ったクレジットカードを選びましょう。
セゾンカードの公式サイトはこちら

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ