クレジットカードの発行会社

スポンサーリンク

大きく4つに分けられます

ひとつにクレジットカードといっても沢山種類があってよく分かりませんよね。実際クレジットカードは1000種類以上あるみたいです。そんな中からどのクレジットカードを選べばいいのか?まずはクレジットカードの発行会社を整理してみましょう。発行会社は大きく4つに分けられます。ちなみにクレジットカードの国際ブランドについては、こちらの記事「クレジットカードの国際ブランド」をご覧ください。

4つに分けられるといっても、最近ではクレジットカード業界も再編が続いていて、吸収・合併・提携などでその垣根はあいまいなものになってきていますので、あくまでも参考程度にご確認ください。

 

銀行系クレジットカード

最も一般的なカードといえるでしょう。三井住友カードやMUFJカードなどが代表的な例です。銀行のキャッシュカードにクレジット機能がついているといえば簡単な説明になりますが、各金融機関によって様々な種類のカードを発行しています。流通系や交通系カードに比べると、サービスやポイント還元率に関して劣ってしまう感はあります。

(例)
三井住友カード、三菱UFJニコス、シティカード、他

 

信販系クレジットカード

信販会社が発行するクレジットカードです。ニコスカードやジャックスカードといえばイメージがつきやすいのではないでしょうか。月賦購入のあっせんや、クレジットカード業務を行っていて、分割払いが充実しているのも特徴です。最近では銀行系との吸収や再編があって、その定義はあいまいなものになってきていますし、一昔前の名称といってもいいのでしょう。

(例)
ニコスカード、ジャックスカード、オリコカード、他

 

流通系クレジットカード

百貨店やスーパーなどが発行しているクレジットカードになります。最も種類が多い部類でしょう。デパートやコンビニ、大手専門店などがVisaやJCBなどの国際ブランドと提携して独自に発行していますね。イオンカードが代表的なカードでしょうか。年会費無料といったサービスも多いです。

(例)
イオンカード、セゾンカード、セブンカード、他

 

メーカー系クレジットカード

一般企業が発行しているクレジットカードです。例えばトヨタやソニー、航空会社でいえばANAやJAL、石油会社でいえば出光などですね。鉄道会社であればsuicaなどがありますが、そういった交通系カードは電子マネーと合わさっているものが目立ちます。

(例)
ANAカード、JALカード、出光クレジット、他

 

スポンサーリンク
おすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ