ネット通販で広がる定額制サービス

最近広がりを見せている定額ネット通販

一昔前までは定額制サービスというとそこまで普及しなかったイメージが強いですが、最近は目立つサービスが出始めたように感じます。映画やアニメ、ドラマなどの動画サービスでは「HULU」「Netflix (ネットフリックス)」、音楽業界では「apple music」が3か月無料トライアルサービスを始めて高い評価を得ています。最近ではアマゾンも「プライム・ミュージック」をスタートさせて「apple music」に追随しようとしています。

主に音楽や映画といったエンタメ業界において、ビジネススタイルの転換期とも思える流れになっています。そういったネット通販の定額制サービスは今後あらゆる業界においても広まる可能性を秘めているのではないでしょうか?例えばワインやひげ剃り、アパレル業界などに関してはもう既に始まっていますね。

化粧品の定額ネット通販「イプシー(ipsy)」

その定額制の流れを感じるサービスが化粧品業界にあります。アメリカとカナダで月々定額の支払でユーザーに合った化粧品をパッケージで届けてくれる「イプシー(ipsy)」です。イプシーは現在150万人のユーザーがいます。年間の売上は1.5億ドル(約180億円)と言われているほどの巨大企業に急成長しました

元々は人気ユーチューバーであるMichelle Phan(ミシェル・ファン)さんが2011年に創業した会社になります。ミシェル・ファンさんは自分のyoutubeアカウントでメイクのやり方などを公開して、沢山の女性ファンを獲得しました。その過程において「本当にマッチする化粧品はひとりひとり違う」ということに気づき、ユーザーマッチ型の化粧品提案サービスを始めます。これがイプシーの始まりです。

「ipsy」に登録すると、月額たったの10ドル(約1200円)で自分に合ったコスメ4〜5種類が届くようになります。コスメは「グラムバッグ」というポーチに詰め合わされます。ユーザーはまず登録時に肌・瞳の色や好きな化粧スタイル、化粧ブランドなどを記入します。それに合わせて旬の化粧品を提案・発送してくれるんですね。

こういったユーザーマッチ型のサービスは、利用者にとってプレゼント感覚で届くということもあり、飽きさせない性格も持ち合わせています。またSNSでユーザーとの交流も図り、口コミによる会員数拡大にも成功しています。今後のネット通販に定額制サービスはさらに広がりをみせていくのではないでしょうか。

おもちゃ「レゴ」の定額制レンタルサービス「プレイ」

イプシーと同様にネット定額制サービスで注目を集めているサービスがあります。それはおもちゃの「レゴ」が展開する定額制レンタル「プレイ」です。たしかにレゴはおもちゃの中でも高額なので、買い揃えるのには少しハードルがありますね。しかしこの「プレイ」であれば、月額25ドル〜35ドル程度で400種類以上のレゴをレンタルすることができます

さらにレンタル期間内であれば何度でも借りることができて、返品時の送料もかかりません。返却されたレゴは高温洗浄機でしっかりと殺菌洗浄されるので衛生面も気になりません。「プレイ」は現在アメリカでのサービスですが、今後日本も含めたアジアやヨーロッパでもサービスを開始する予定になっています。

まとめ

このように化粧品業界の「イプシー」やおもちゃ業界の「プレイ」など、定額制のネット通販は徐々に広がりをみせています。両サービスともにアメリカを中心として始まったばかりであり、まだ日本には上陸していません。このようなことを考えるとそこにビジネスチャンスがあるのではないかと思います。

ユーザーがネット上で商品を選んで注文する時代から、ユーザーのニーズに合ったプランを定額制で提供するネットサービスは今度も注目していきたいところです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ