Facebook(フェイスブック)にログイン

スポンサーリンク


facebook02

フェイスブックは世界最大のソーシャルネットワークサイト(SNS)です。ネット上で友人や知人と「友達」としてつながり、ブログのように自分の思う事や出来事などを書き込むと、その内容を友達同士で共有することができます。例えば休日に家族と美味しい料理を食べに行ったとすれば、その内容と料理の写真をフェイスブックにアップロードして、友達に知らせることができます。

Facebookを始めたい方は、まずアカウントから取得しましょう。

スポンサーリンク





今や世界中の10億人を超える人々がFacebook(フェイスブック)に登録してアクティブに活用しています。日本でも1000万人以上が登録していて、ネット上で友達とつながり、交流を持っています。フェイスブックは紹介制ではないので、13歳以上であれば誰でも無料で始めることができます。アカウントを作成するときは実名登録が原則とされています。氏名やメールアドレスなどの簡単な項目を入力するだけで、フェイスブックのアカウントを開設することができて、すぐに投稿することも可能です。

Facebook上で友達を検索することできます。そして友達になりたい人に「友達申請」して、その友達が承認してくれたら、晴れて友達になることができます。そしてFacebookの最大の特徴は「いいね!」ボタンがあるということでしょう。友達がアップロードした投稿に対して共感すれば「いいね!」ボタンを押して、その友達と自分の友達に「いいね!」ボタンを押したことを発信することができます。個人間のメッセージ交換もすることができます。

 

フェイスブックへログインする方法

Facebook(フェイスブック)のサイトにてログインします。

以下の3つの方法でログインすることができます。
●メールアドレス : 自分のFacebookアカウントに登録されているメールアドレスを使ってログイン。
●ユーザーネーム :ユーザーネームを使ってログイン。
●電話番号    : 携帯電話番号がアカウントで承認済みの場合は、その番号を入力。
 ↓
パスワードを入力します。
 ↓
「ログイン」をクリックします。

 

フェイスブックのネット通販

フェイスブックは巨大なメディアに成長しましたが、アマゾンや楽天市場のように通販事業に関しては積極的にアプローチしていません。フェイスブックは個人アカウントとは別に「フェイスブックページ」というものを開設することができます。「フェイスブックページ」は企業として登録したり、個人の趣味で登録できたりします。そのフェイスブックページで新商品や新しいサービスを発信することができるので、企業のマーケティング戦略として欠かせない存在になっています。

現在は一部の中小企業が試験的にフェイスブック上でネット通販しているようです。通常は自社サイトへのアクセス向上のためにフェイスブックページを活用してきましたが、これらの企業はファイスブック上で直接モノ・サービスを販売しています。まさに「Eコマース」ならぬ「Fコマース」ですね。

Facebookのサイト訪問者の数はグーグルに次いで世界2位なので、家族や友人同士のコミュニケーションツールという性格から、ネット通販事業を加えると、さらなる人気・売上向上の可能性は十分にあり得ると思います。広告が多いネット通販業界で、信ぴょう性の高い親しい友人の口コミを生かしたネット通販ビジネスを展開できると良いような気がします。

Facebookを始めたい方は、まずは公式ページにてアカウント取得から。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事

このページの先頭へ