Googlemap(グーグルマップ)を上手に活用する方法

スポンサーリンク

logo_googlemap



今回はネット通販とは少し路線が逸れますが、ネットサービスの中でも高い信頼性と人気を誇る「Googlemap(グーグルマップ)」について、上手な活用方法を紹介したいと思います。まずグーグルマップとはiphoneなどのスマホに標準でついている地図アプリです。Google社が提供しているオンライン地図情報サービスですね。

これがあれば、自分が今どこにいるのか?、目的地へはどうやっていけばいいか?、など確認することができます。また自分が世界中を飛び回っているような感覚で、国や街の人気スポットを検索することができます。ちなみにグーグルマップのアプリは無料です。

まず一般的な機能としては
Googleプレイス ⇒店舗や施設を検索する
ストリートビュー ⇒道路上から撮影したパノラマ写真をみる
があります。

AndroidとiOS向けの無料アプリなので、まだインストールしていない方はインストールしましょう。

スポンサーリンク



活躍の場としては、初めての道を歩いてどこか目指しているとき、スマホアプリ「グーグルマップ」を起動して、現在地をタップ(画面左下の矢印マーク)をすれば、自分の位置と周辺の地図をみることができます。地図は拡大したり、縮小したりできるので、マクロ視点で確認することもできますし、ズームして細かい道をみることができます。

また画面上部にある検索バーで、目的地の住所や施設名などを入力することで、目的地の場所と、現在地からのルートを確認することができます。検索は候補がいくつか自動で表れるのでとても便利です。

さらには画面左上にあるマークをタップすると「出発」と「到着」を入力できる画面に切り替わります。ここで例えば「出発:現在地」と「到着:東京駅」と入力すると、今自分がいるところから東京駅までのルートが出てきて、「車の場合」「徒歩の場合」「交通機関を使った場合」のそれぞれ「所要時間」「距離」を知ることができます。大変便利ですね。

 

グーグルマップをカーナビとして活用する

便利な使い方のひとつに「カーナビ」として利用するのもいいでしょう。車を持っていてもカーナビ搭載していない場合や、助手席に乗った時のお助け手段としてもいいでしょう。またカーナビは新しい道路には対応できないのに対して、グーグルマップは常に最新の情報が手に入るのでとても便利です。例えば最近開通された高速道路の情報などもグーグルマップであれば反映されているので、最短ルートを確認することができます。

そして驚くべきことが、テキスト音声案内までついているということです。現在地と目的地をセットすると、画面下に「出発」という文字が表れるので、そこをタップするとまるでカーナビのように音声案内が始まります。スマホやタブレットで自由に地図を拡大・縮小ができるので、一度試してみると良いでしょう。

カーナビは数万円もする高額な商品なので、この無料で使えるグーグルマップは大変魅力的だと思います。ぜひグーグルマップをスマホやタブレットにインストールして、フル活用してみてください。
グーグルマップの公式サイトはこちら

スポンサーリンク



インドアフロア表示について

今のグーグルマップは主要な建物の場合、地図をずっと拡大していく(スワイプしていく)と、その建物のインドアフロア表示される場合があります。インドアフロア表示とは、例えば空港や駅構内のレイアウト・通路・店舗内容などが確認できます。旅先で利用するととても便利だと思います。

 

配車アプリ「Uber」との連携は?

最近注文されているタクシー配車アプリ「Uber」とレストラン予約アプリ「OpenTable」ですが、日本においてグーグルマップとの連携はまだされていないようです。(2015年6月時点)ちなみに「Uber」と連携されると、例えばグーグルマップで経路検索した時、タクシーの推定待ち時間と移動料金を確認できると思うので、ぐっと利便性が増すことでしょう。

 

他に便利な機能としては、友達との待ち合わせで場所をピンポイントに共有したい時など便利でしょう。例えば渋谷や新宿などの繁華街での待ち合わせや、花火大会など人が多い状況で、グーグルマップのピン機能を使って共有すると、スムーズに友達と出会えるので、機会があれば一度利用してみてください。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ