ANAカード(ANA CARD)で実現する豊かなマイレージライフ


ana

ネット通販ではクレジットカードを利用して決済する場面が多いと思います。クレジットカードで決済すると、Tポイントやマイルなど様々なポイントが貯まりますが、よく飛行機を使って旅行を楽しむ方にとっては、マイルを貯めたいと思うでしょう。日本の航空会社は大きくANAJALがありますが、ここではANAカード(ANAマイレージクラブ)について触れたいと思います。

ANAカードを使って決済するとマイルに移行できるポイントが貯まります。ANAカードといってもたくさん種類があるのですが、ポイント還元率は大体0.5%〜1.0%です。ですので100円につき0.5〜1.0ポイント貯まります。ANAマイレージクラブでマイルを貯めると、日本国内または世界中の行きたい場所への航空券と交換することができます。

例えば、ハワイへ行くために必要なANAマイル数(往復)でいうと、

ローシーズン(4/1~4/23、5/8~5/31)
 ファーストクラス90,000マイル
 ビジネスクラス60,000マイル
 エコノミークラス35,000マイル
レギュラーシーズン(1/5~3/31、6/1~7/30、8/18~12/17)
 ファーストクラス90,000マイル
 ビジネスクラス65,000マイル
 エコノミークラス40,000マイル
ハイシーズン(1/1~1/4、4/24~5/7、7/31~8/17、12/18~12/31)
 ファーストクラス90,000マイル
 ビジネスクラス70,000マイル
 エコノミークラス45,000マイル
※2015年のシーズン設定の場合

このようにローシーズンの場合だと35000マイル貯めればハワイを往復できることになります。35000マイル貯めるということはポイント還元率1%とすると、350万円分の買い物をしなくてはなりません。ちょっとハードルが高いと思ってしまうかもしれませんが、毎月の電気・ガス・水道といった光熱費やスマホ料金、日々の買い物をカード決済にすることによってポイントは意外にも貯まっていきます。また家賃をクレジットカード払いにできるケースもあるので、一度不動産に確認してみることをおすすめします。

スポンサーリンク





自分に合ったANAカードをみつける

ANAカードはたくさん種類があるので、どれを選べばいいか迷うかもしれません。例えば「一般カード」にするのか「ゴールドカード」にするのか、カードブランドは「VISA」にするのか「JCB」にするのか、などです。あなたに合ったANAカードをみつけるために以下の選択肢を確認してみましょう。

グレード
 →ANA一般カード
 →ANAゴールドカード
 →ANAカード プレミアム

年会費
 →年会費無料
 →初年度年会費無料
 →3,000円未満
 →10,000円未満
 →50,000円未満
 →50,000円以上

支払方法
 →前払い(プリペイド)
 →即時払い(デビット)
 →後払い(クレジット)

こだわり条件
 →すべてショッピングでもマイルを貯めたい
 →ボーナスマイルがもらえる
 →ANAラウンジを利用したい
 →家族でマイルを合算
 →旅行保険を重視したい
 →今すぐ会員予約をしたい
 →海外でも使えるプリペイド
 →15歳から使えるVisaカード

カードのブランド
 →VisaMasterCard
 →JCB
 →ダイナース
 →アメリカン・エキスプレス

このような条件で自分に合ったカード探します。大体確認できたらANAカードページに進んでみて、カードの詳細について確認するといいでしょう。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ