Airbnb(民泊サイト)やUberなどのシェアサービスの加速化について


share

最近「民泊」が日本においても流行っていますが、その民泊を仲介している世界的サイトが「Airbnb(エアビーアンドビー)」です。「Airbnb」は、2008年アメリカからスタートしたサービスで、現在では世界192カ国で約100万以上の宿を提供しています。世界のほとんどの国と地域を網羅している事実があります。

民泊したいユーザーは「Airbnb」で世界中の宿を格安で探すことができます。また自分が持っている空き部屋や物件を「Airbnb」に登録して、ユーザーからのアクセスを集めることができます。

世界的には、この「Airbnb(エアビーアンドビー)」が急速に拡大して現在主流になっています。そして英語圏でない日本や中国も、この「Airbnb」が急成長しているところです。

これらのサービスはまだ日本では法整備が進んでおらず(2016年2月時点)、今後2020年の東京オリンピックに向けて日本政府が規制緩和を行っていくことになっています。実際に2015年10月に日本政府による国家戦略特区諮問会議が開かれて、「民泊」や「Uber」といったサービスの規制緩和を推進することになりました。

実際、羽田国際空港のお膝元にあたる東京大田区において、民泊を認める条例が発表されています。これによって、大田区から認定を受けた一般人は、自分の物件を「Airbnb(エアビーアンドビー)」に登録して外国人や観光客を自宅に泊める許されました。

スポンサーリンク





注目のシェアサービス

●Airbnb(エアビーアンドビー)
Airbnbの魅力は「旅先に住んでる人のお家を借りれる事」です。
2008年アメリカからスタートしたサービスで、現在では世界192カ国で約100万以上の宿を提供しています。
泊まったことのあるゲストからのレビューも書かれています。
Airbnb(エアビーアンドビー)の公式サイトはこちら

●Uber(ウーバー)
ウーバー(Uber)を使えば、タクシーよりも移動がとてもスムーズです。
スマホアプリをワンタップすれば、指定の場所に来てくれます。
さらにクレジットカード情報をインプットしておけば、社内での支払いは不要です。
Uber(ウーバー)の公式サイトはこちら

このように日本では消費者が消費者へサービスを提供するビジネスモデルが目立ってきています。いわゆる「シェアリングエコノミー」と呼ばれるサービスというのが、上記のように一般人が自宅の一部(一部屋)を提供して、観光客に泊まってもらうという「民泊」や、一般ドライバーがマイカーを使い、客を有料で送迎する「Uber(ウーバー)」などです。

今後伸長が予想されるこのようなシェアリングエコノミーは注目すべきだと思います。訪日外国人(インバウンド)の数は2015年に2000万人を突破しました。政府の目標としては2020年までに3000万人を掲げています。間違いなく日本は外国人の割合が高くなります。そのことを鑑みて、「民泊」「Uber(ウーバー)」のようなサービスに目を向けることも面白いですし、「B TO B」「B to C」が主流のネットサービスも、今後本格的に「C TO C」の時代に突入しそうです。

 

2 Responses to “Airbnb(民泊サイト)やUberなどのシェアサービスの加速化について”

  1. Keisuke Kogi より:

    京都の民宿予約

  2. Keisuke Kogi より:

    予約システムを教えて下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ