フリマアプリに代表されるCtoCサービスの拡大


ctoc

CroCとは「consumer to consumer」の略で、消費者から消費者へモノが流れることを指します。つまり「一般人・消費者間の取引」ということになります。ネット通販が生活の一部として認識されてきている昨今では、企業の商品を企業のサイトからネット通販するだけでなく、個人の商品をネットを経由して購入するビジネス市場が伸びています。

代表的な例としてはネットオークションですね。個人間でネット売買のやり取りをするには代金決済する手間が大変なので「ヤフオク」「モバオク」といった、代金決済を仲介するサイトが伸びてきました。そしてスマホのユーザー拡大によって、アプリを使ってオンライン上でフリーマーケットのように個人間でモノを売買できるサービスも認知度を増しています。

ユーザーは自宅で要らなくなった商品をスマホで撮影して、自分で値段を設定して出品するだけです。そしてその商品を見て「買いたい」と思ったユーザーが入札していきます。スマホアプリで有名なのは「メルカリ」「LINEモール」「チケットキャンプ」です。これらのサービスを駆使することによって、自宅内を整理できるだけでなく、利益も享受できるので、一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク





代表的なCtoCサービス

●ヤフオク
日本では一番認知度の高いネットオークションサイトです。
新品から新古・中古・アウトレット・訳ありまで豊富な品揃えなのが特徴です。
ヤフオクの公式サイトはこちら

●モバオク
KDDIが運営しているモバイルサイトに特化したオークションサイトです。
総出品数が300万品以上あります。
モバオクの公式サイトはこちら

●メルカリ
CMでおなじみのフリマアプリです。スマホから誰でも簡単に売り買いが楽しめます。
決済方法も様々用意されているのでユーザーにとっては使いやすいアプリでしょう。
メルカリの公式サイトはこちら

●LINEモール
LINEが運営しているフリマアプリです。販売手数料が無料なのが最大の特徴です。
商品の送り方から価格まで、自分に合った設定で出品が可能です。
LINEモールの公式サイトはこちら

●Fril(フリル)
当初は女性だけのフリマアプリでしたが、現在は男性も使えます。
洋服・靴・財布などのファッションアイテムやハンドメイドのアクセサリーが多いのが特徴です。
Fail(フリル)の公式サイトはこちら

●チケットキャンプ
アーティストのライブやイベントのチケットを売買できるサイトです。
ジャニーズや宝塚など人気案件もあります。
チケットキャンプの公式サイトはこちら

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ