Twitter(ツイッター)の使い方、ログインなど初心者向け講座

スポンサーリンク


twitter



Twitter(ツイッター)はアメリカのサンフランシスコにあるツイッター社が運営している世界的なSNS(ソーシャルネットワークサービス)です。ブログ記事とは違って、140文字以内で投稿することが最大の特徴でしょう。

そして、その投稿は「ツイート」と呼ばれ、日常生活の中での「独り言」や「つぶやき」などをアップさせます。ちなみにtweet(ツイート)とは「鳥のさえずり」(囀り)という意味です。

またツイッターには、投稿機能だけでなくメール機能も備えているので、他人のツイッターへメール連絡することもできます。電子メールとブログのどちらの機能も備えているといえます。

ツイッターでは自ら「ツイート」するのが主な機能ですが、誰か有名人や芸能人の「ツイート」を見て楽しんだり、専門アカウントから情報を収集したりして楽しむこともできます。フェイスブックやブログなどに比べて、リアルタイム性が高いSNS(ソーシャルネットワークサービス)であるといえます。

スポンサーリンク





ツイッターを始めよう

まずは自分のスマホにツイッターをインストールしましょう。アンドロイドであれば「Google play」、ipnoheであれば「AppStore」を開き、「ツイッター」と検索すれば出てきます。

●「新規登録」ボタンを押します
 ↓
●「名前」を登録します
 ※ユーザーのプロフィールなどに表示される名前(姓名)になります
 ↓
●「パスワード」を登録します
 ※ログイン時に必要なパスワードです
 ↓
●「メールアドレス」を登録します
 ※登録の確認などに使います
 ↓
●「ユーザー名」を登録します
 ※ログイン時に使われます。またユーザーページページの URL(http://twitter.com/[ユーザー名]/となります

以上でツイッターの新規登録は完了です。





「ツイート」「リツイート」「フォロー」について

LINEを利用していると、友人からの連絡をブロックしたい事情になるケースがあると思います。

●ツイート
140文字以内で自ら投稿することを「ツイート」と言います。「ツイート」した内容は自分のフォロワーに伝えることができます。

●リツイート
自分のフォローしている誰かのツイート内容を、自ら拡散のために「ツイート」することができます。これを「リツイート」といいます。

●フォロー
他のユーザーの「ツイート」を自分のタイムラインに表示させることができます。これを「フォロー」といいます。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ