U-NEXT(ユーネクスト)のメリット・デメリットのまとめ

スポンサーリンク


u-next



近年のエンタテインメント業界は大きな変革を遂げています。従来音楽はCDを買って自宅のコンポや車のカーオーディオ等で聴いていたのが、CDではなくデータを買ったり、無料動画サービスでPVを楽しんだりする時代になりました。また映画はレンタルビデオ店でDVDを借りに行く時代から、ネット上で映画データをレンタルできる時代になりました。

そして今、エンタメの楽しみ方は、その作品ごとの課金制サービスから月額定額制サービスへ移行しています。

映画・動画配信においては、「U-NEXT(ユーネクスト)」「Netflix」が大きな話題となり、「自分から映画を選ぶ時代(能動的)から、提供された膨大な作品の中から選ぶ時代(受動的)」になっています。もちろん個人の好みによるサービス選択の違いはあれど、月額1000円前後の定額制サービスが急速に拡大しています。

ここではU-NEXT(ユーネクスト)のメリット・デメリット、よくある質問を紹介します。

スポンサーリンク





U-NEXT(ユーネクスト)とは?

USENから分離独立したサービスだけに国内コンテンツやアニメに強いです。ポイントで新作を視聴できるサービスもあります。1ヶ月間の無料お試しもあります。
料金 :月額1990円
作品数:120000本以上

 

U-NEXT(ユーネクスト)のメリット・デメリット

●U-NEXT(ユーネクスト)のメリット
最大のメリットは動画が見放題ということでしょう。今まではDVD1枚レンタルするのにいくら、と課金されていましたが、月額定額制なので月1990円を払えば、ユーネクストのコンテンツが見放題になります。

次にユーネクストの魅力はコンテンツ量の多さです。作品数が10万本以上を超えるのは、国内トップクラスです。

ちなみに「Hulu」と比較した時、
○Hulu :月額933円、作品数1万本以上、見放題作品のみ
○U-NEXT:月額1990円、作品数12万本以上、見放題作品 + PPVの有料作品(1000円分のポイント含む)

となっており、ユーネクストの方が割高なのですが、作品数が多く、月額料金1990円の中には1000円分のPPVポイントが付きます。PPVポイントを使って新作作品を見ることができます。(ポイントの有効期限は、発行日から45日間です)

●U-NEXT(ユーネクスト)のデメリット
他の動画配信サービスに比べて月額料金が割高なところはデメリットでしょう。毎月1000円分のPPVポイントがもらえるので、それを新作視聴にあてることで、ある程度デメリット感が下がるかもしれませんね。

また海外ドラマに関していえば「Hulu」の方に軍配が上がりそうです。

スポンサーリンク





U-NEXT(ユーネクスト)のよくある質問

●デバイスによって視聴できる作品が異なるの?
同じ作品でもご利用のデバイス(パソコン、タブレット、スマホ)や契約内容によって視聴できない作品があります。

●U-NEXTポイントって何?
アイコンの付いた作品のレンタルや購入時に、1ポイント1円(税込)として利用できるポイントになります。(映画の割引としても使えます)

●海外から利用できるの?
残念ながら、海外からはご利用いただけません。

●字幕・吹替を切り替えることはできるの?
再生画面のコントローラーで、字幕と吹替の切り替えができます。(字幕・吹替の両方を配信している作品に限る)





ネット通販のよくあるQ&A

以下、ネット通販においてよくある質問を抜粋してみました。

ネット通販は安全なのか?
ネット通販の送料ってどのくらい?
ネット通販の返品・交換はどこまで可能なのか?
ネット通販のクレジット決済は大丈夫?
ネット通販でお得なクレジットカードとは?

 

スポンサーリンク
おすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ